若ハゲに悩むあなたへ伝えたいこと

AGA治療薬・プロペシアとは


個人差はありますが早い人によっては20代のうちからAGA(男性形脱毛症)は進行しはじめ、薄毛が目立つようになってきます。このAGAを治療する術は無いのでしょうか?2000年代に入ってから有力な治療薬が二つ登場しました。ここではその中でも最も効果の高いプロペシアについて説明します。

プロペシアはAGAの原因である男性ホルモンの働きを抑える

AGA(男性形脱毛症)は、体内に存在する男性ホルモンの一種・DHTが毛根に作用して髪の毛の生え変わりサイクルを狂わせることによって起ります。このDHTの働きを抑えて、AGAの進行を遅らせるのがプロペシアの仕事です。2005年より日本で処方が正式に許可され、皮膚科を中心に全国の病院で薄毛対策の特効薬として処方されるようになりました。

プロペシアの服用方法

プロペシアは錠剤型の内服薬(経口剤)で、一日一錠飲むだけで治療ができる手軽さも人気の一因となっています。

プロペシアの入手方法

プロペシアは病院のお医者さんの処方箋が必要なタイプの医薬品なので、薬局等では売られていません。病院でお医者さんの診察を受けてから処方される医薬品です。

プロペシアの治療費用

プロペシアは保険が適用されない医薬品なので月額8000円ほどの費用がかかってしまいます。若い方、特に学生の方にとっては少し費用負担が大きく感じられるかもしれません。

  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索