若ハゲに悩むあなたへ伝えたいこと

AGA発症のメカニズム


シャンプーした後に排水溝に詰まっている抜け毛の多さに驚いた経験はどなたでもあるのではないでしょうか。抜け毛は少ないに越したことは無いのですが、そもそも人間の髪の毛は一定期間成長した後には必ず抜けることが前提に作られているので、抜け毛に対して過剰に恐怖心を覚える必要はありません。

髪の毛の生え変わりメカニズム

一本の髪の毛は一定期間で「生える→抜ける→休止期→また生える」という生え変わりのサイクルを繰り返しています。つまり髪の毛が抜けることは全く正常な現象なのです。どんなに若くて髪の毛がフサフサの人でも、毎日数十本程度の髪の毛は抜け落ちています。そのくらいの抜け毛では全体に影響を与えないほどに頭髪の本数というのは多いのです。

問題なのは、この「生える→抜ける→休止期→また生える」という生え変わりのサイクルが乱れた場合なのです。もう少し詳しく言えば「抜ける→休止期」に該当する、髪の毛が全く生えていない期間が異常に長くなってしまう場合です。これがAGAと呼ばれる脱毛症の発症メカニズムです。それぞれの毛根から毛が全く生えていない期間が長くなればなるほど、全体の頭髪量は当然少なくなり、薄毛が進行してしまうのです。

生え変わりサイクルを狂わせる男性ホルモン

なぜこのような生え変わりサイクルの乱れが生じてしまうのでしょうか。
人間の体内に存在する「DHT」と呼ばれる男性ホルモンの一種が原因です。この男性ホルモンは毛根に働きかけて、生え変わりサイクルの「抜ける→休止期」の期間をなるべく長くしようと作用します。迷惑極まりない男性ホルモンですね。このホルモンが体内で多く生まれれば生まれるほど、毛根の生え変わりサイクルは乱れに乱れ、薄毛が進行するというわけです。

  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索