若ハゲに悩むあなたへ伝えたいこと

なぜ若くして髪の毛が薄くなるのか



男性の薄毛進行は30代に入ってからというのが一般的ですが、人によっては20代の前半やあるいは10代で薄毛が目立つようになる場合もあります。なぜそのような個人差が出るのでしょうか。また、そもそも髪が薄くなる原因は何なのでしょうか。

大多数の男性の薄毛はAGA(男性形脱毛症)

薄毛には様々なタイプがありますが、世の中のほとんどの男性の薄毛はAGA(男性形脱毛症)と呼ばれるタイプに属します。頭頂部から薄くなってきたり、おでこの生え際が徐々に後退してM字になっている人はこのAGAと呼ばれる薄毛です。

AGAは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが髪の毛の生え変わりサイクルを狂わせることで発症します。体毛や髭が濃い人は男性ホルモンが多いので、AGAになりやすい傾向にあります。

様々な脱毛症のタイプ

AGA以外にも様々な脱毛症がありますが、主なものを以下の表にまとめてみました。

AGA(男性形脱毛症)最も一般的な薄毛のタイプ
円形脱毛症コインほどの大きさの面積の毛が極端に抜け落ちる
機械性脱毛症長時間髪の毛を引っ張り続けると発症 カチューシャなどで髪を束ねている人は注意
薬剤性脱毛症抗がん剤等の副作用で発症する


まずは自分の薄毛のタイプを正確に把握することが重要です。もし円形脱毛症の人が、AGAに適した治療を行っても全く意味がありません。


AGAには治療薬が存在する

長らくAGAには決定的な治療法がありませんでした。2000年代に入ってからいくつか有望な治療薬が日本で処方されるようになりましたが、その中でも最も効果が高いと言われているのが「プロペシア」と呼ばれる内服薬(錠剤)です。

一日一錠服用するだけという手軽さと、従来の治療方法と比べると飛躍的に高い治療効果が受けて、日本のみならず世界中で薄毛対策のスタンダードになりつつあります。

髪が薄くなってきたらまずプロペシアの服用を検討するのが最適な判断と言えるでしょう。

  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索