ヒゲや体毛が濃い人は薄毛になりやすいというのは本当ですか?


ヒゲや体毛が濃いと薄毛になりやすいとよく耳にするのですが本当なのでしょうか。確かに周囲の薄毛の人を見ているとヒゲが濃い人が多いような気がします。


男性ホルモンの関係で、ヒゲ・体毛が濃い人ほど薄毛になりやすい傾向にあります



ヒゲや体毛の成長を司るのは体内の男性ホルモンです。男性ホルモンが多い人ほどヒゲや体毛が濃くなりやすいです。実は女性の体内にも男性ホルモンは存在するのですが、その量が少ない為に一般的に女性はヒゲや体毛が薄くなります。

この男性ホルモンが体内でDHTという頭髪にとっての悪玉ホルモンへと変化し、髪の毛の生え変わりサイクルを阻害して脱毛を増やすことで発症するのがAGA(男性型脱毛症)です。つまり、男性ホルモンが多い人ほど薄毛になりやすい傾向にあるのです。

必ずしも男性ホルモンが多い人が薄毛を発症するわけではなく、体内で悪玉ホルモンDHTを吸収しやすい体質かどうかなどの他の要素も絡んできますので、ヒゲも頭髪もフサフサという男性も存在します。


  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索


    AGA