AGA遺伝子検査とは何ですか


薄毛治療のために病院に行きました。できれば治療開始前にAGA遺伝子検査を行った方がいいと言われましたが、費用が高額なため断りました。AGA遺伝子検査とはどういった検査なのでしょうか?また治療開始前にこの検査は必ず行った方がいいのでしょうか?


AGA遺伝子検査とは薄毛の原因がAGAによるものかどうかを遺伝子的に調べる検査です


AGA(男性型脱毛症)は薄毛の男性の大多数を占めるとはいえ、あくまで薄毛の原因の一種です。薄毛の原因がAGAでは無いのにAGA治療薬であるプロペシアによる薄毛治療を行っても治療期間と費用が無駄になってしまいます。

そこで、薄毛の原因がAGAによるものかどうかを遺伝子的に調べるのがAGA遺伝子検査です。この検査を行う事でプロペシアによる薄毛治療の効果があるかどうかを服用前に把握する事が可能になります。

AGAを発祥するメカニズムを簡単に言ってしまえば、男性ホルモンの一種DHTが、アンドロゲン受容体と結びつく事によって起ります。

DHT + アンドロゲン受容体 = AGA

AGA遺伝子検査は、アンドロゲン受容体がDHTと結びつきやすい(感受性が強い)体質かどうかを調べる事で、男性の薄毛の原因がAGAかどうかを探る検査です。

現在のAGA遺伝子検査では主にCAGリピートとGGCリピートという二つの指標が使われており、特に大事なのはCAGリピート数です。

CAGリピートの値が低ければ低いほどDHTと結びつきやすい体質となり、AGAを発症しやすくなります。裏を返せばプロペシア服用による治療の効果も高く見込めます。

逆にCAGリピートの値が高い方はDHT感受性が低く体内でDHTの影響を受けにくくなり、AGAを発症する可能性が低いと言われています。つまりプロペシアによる薄毛治療はさほど見込めないということです。AGA遺伝子検査をおこなってCAGリピートの値が高いにも関わらず薄毛が進行している方は、プロペシアによる治療を開始するかどうかは慎重に判断なさった方がよろしいかと思われます。

AGA遺伝子検査は主に病院で行われていますが保険が適用されないために20,000円前後の費用がかかってしまいます。高額な初期投資になってしまいますので検査に躊躇される方は多いでしょう。もし仮にAGAが原因では無い薄毛なのにプロペシアによる治療を進めてしまって治療効果が全く見込めなかった場合を考慮すると、決して高い金額ではないという考え方もあります。

東京でAGA遺伝子検査をおこなっているクリニック
銀クリAGA.com

また、病院以外でもAGA遺伝子検査キットを通販で購入することができ、一般的に病院の検査よりも費用を抑える事ができます。


  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索


    AGA