プロペシアの1mg錠と0.2mg錠との違いはあるのでしょうか?


薄毛治療にプロペシアの服用を考えています。調べてみるとプロペシアには1mg錠と0.2mg錠があるようなのですが、違いについて教えてください。


ほとんど治療効果の差はありませんが、1mg錠の処方が一般的です


プロペシア開発元の製薬会社による調査では、プロペシアの1mg錠と0.2mg錠の治療効果の差は微々たるものとされていますが、若干1mg錠が良好です。

なお1mg錠と0.2mg錠の薬価の違いは無くどこの病院でもほぼ同じ価格で処方されています。そのため0.2mgの需要は無く、ほとんどの病院が1mgを処方しています。肝臓への負担をできるだけ減らしたいなどの理由が無い限りは1mg錠で治療するのが一般的と言えるでしょう。


  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索


    AGA