2005年12月、プロペシアの登場



アメリカから遅れること7年、2005年12月、ついに日本の病院でも処方が開始された男性の薄毛治療薬「プロペシア」は急速に服用者を増加させ、現在では国内で数十万人もの男性が服用していると言われており、また従来の育毛剤・育毛サロン市場は売上を大きく下げるというセンセーショナルな現象を起こしています。

これまで育毛剤や育毛サロンなどに高額な治療費を捻出しても効果が得られずに、お金と毛髪そして自信までも失っていた世の多くの男性がプロペシアが有する薄毛治療のその医学的根拠に賛同し、プロペシアを処方してもらうために皮膚科に駆け込んでいます。そして従来に比べると非常に安価な治療費で劇的な効果を上げています。

プロペシアの処方開始直後は疑心暗鬼だった人々も、職場やネット上で徐々に広まってきた「プロペシアで本当に生えてきた」という口コミにつられて病院に通い出し、今やプロペシアは一刻のブームではなく完全に薄毛治療の決定版として根づいてきた感があります。
(2010年02月04日)
  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索


    AGA