プロスカー



プロペシアの先駆け的存在

プロスカーはプロペシアと同じアメリカの製薬会社メルクが開発した前立腺治療薬です。プロスカーに含まれる有効成分はフィナステリド5mgで、プロペシアと同じ成分の医薬品とです。(プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドは1mg)

プロスカーは先述のとおり前立腺治療薬として開発されましたが、その開発の際に男性の脱毛を減らす効果が偶然にも発見されました。
そこでメルク社はプロスカーと同成分の医薬品を「プロペシア」と名付けて新しく開発し、AGA・男性型脱毛症の治療薬としてアメリカの厚生労働省的存在であるFDAに申請して認可されました。

つまり、プロスカーがあってこそのプロペシアというわけですね。

プロペシアの代わりに飲む場合


プロスカーには1錠に5mgのフィナステリドが含まれており、これはプロペシア1錠当たりに含まれるフィナステリドの5倍となっています。
もしプロペシアの代替として男性型脱毛症の治療にプロスカーを服用する場合は4分の1程度に分割して飲まなければいけません。

しかし分割した際にフィナステリドの粉末
が周囲に飛散して、それを女性や子供を摂取してしまうと重大な副作用が起こる可能性があります。

プロペシアはプロスカーの錠剤はコーティングされているために中のフィナステリドは外部に出てきません。しかし、上記のようにプロスカー等を分割すると粉末がごくわずかながら空気中に飛散しますので、同居されている方がいる場合はできるだけ避けるようにしてください。
(2009年06月30日)
  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索


    AGA