若ハゲ


20代からの薄毛


基本的に薄毛というのは30代後半から始まるように思われていますが、最近では20代前半から薄毛に悩む男性が増えています。言葉はあまりよくありませんが、俗に言われる若ハゲです。20代(あるいは10代後半)から薄毛の進行が始まってしまう方はAGA(男性型脱毛症)による若ハゲの可能性が非常に高いでしょう。ストレスによる円形脱毛症などを除けば、DHTによるAGAを疑ったほうがいいと思われます。20代男性の約6%がAGAという万有製薬の発表からもわかるように、若くしてAGAを発症してしまう方も少なからず存在します。若ハゲになってしまった場合はAGAの可能性を疑いましょう。



若ハゲ対策


若くして髪の毛が薄くなると、それだけで非常に目立ってしまいます。高齢の方は周囲に多く薄毛の方がいますのでそれほど目立ちませんが、20代ともなるとそうはいきません。また、自分の見た目へのコンプレックスは若い人ほど強いので、精神的なプレッシャーからさらに髪の毛が抜けると言う悪循環に陥る可能性もあります。



AGAが原因の若ハゲ治療においては間違いなくプロペシアが一番有効な選択肢です。プロペシアの服用による治療とともに、食生活の改善や禁煙、適切な運動など健康面にも気を使って若はげを改善しましょう。



若はげ対策5カ条


  • AGAならプロペシアを服用

  • 即効性にはミノキシジル

  • 適度な運動

  • 食生活改善

  • 禁煙(適度なお酒は問題ありません)


  • AGAスキンクリニック LP2
    若ハゲ,若はげ,20代,10代,ハゲ,薄毛,対策,大学生,プロペシア,AGA,食生活
  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索


    AGAスキンクリニック LP2