プロペシア副作用


比較的軽いプロペシアの副作用


AGA治療の特効薬プロペシアの副作用について調べてみましょう。プロペシアの副作用は比較的軽いものが多く、生命に関わるようなものはありません。また副作用が現れる割合も少なく、5%以下となっています。





性欲減退


プロペシアの副作用の中で最も代表的なものが性欲減退です。1%?2%の割合で現れるようです。以下の表をご覧下さい

$$表準備中

プロペシア(成分名フィナステリド)は元々前立腺の治療のために開発された医薬品です。つまり男性機能に何らかの影響を及ぼすための医薬品なので、性欲減退の症状を招くのは仕方がないのかもしれません。もし副作用が酷いようならばプロペシアの服用を止めれば基本的に副作用が残る事はありません。



初期脱毛


当サイトでは初期脱毛も副作用の一種と分類します。発売元の万有製薬からの公式な発表は無いのですが、服用開始後1ヶ月程度は逆に脱毛が進むとの声が多く聞かれます。これに恐怖を感じて途中で服用を止めてしまう方もいらっしゃるでしょう。プロペシアはそもそも「飲めばすぐに効く」わけではありません。正確には「飲めばすぐに髪が生えてくる」わけではありません。プロペシアのDHT対策によって髪の毛の成長サイクルが正常に戻るまでは少し時間がかかりますし、サイクルが正常に戻ったからといってすぐに増毛に転じるとは限りません。このあたりは個人差があります。特に年齢に起因するものが大きいです。(若いほど増毛に転じやすい)


いずれにせよ、飲み始めて2ヶ月程度は我慢の時期です。ここで焦ってはいけせん。最低でも3ヶ月以上は飲み続けないと効果は目に見えてきませんので、どうか初期脱毛に振り回されないようにしてください。ただし、半年以上飲み続けても効果が現れない場合は服用を中止する事が万有製薬より勧められています。


AGAスキンクリニック LP2
副作用,プロペシア,AGA,初期脱毛,勃起不全
  • プロペシア・AGA基礎知識
  • プロペシア処方病院
  • 東京AGA

  • AGA/自毛植毛/発毛再生医療最新情報
  • 若ハゲに悩むあなたへ
  • 薄毛・AGAのQ&A
  • AGA関連ブログリンク集
  • AGA辞典
  • AGA関連サイト

  • サイト内検索
  • 更新履歴

  • サイト内検索


    AGAスキンクリニック LP2